So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

「それでも夜は明ける」感想&監督舞台挨拶 [洋画の感想]




4月23日、日本橋TOHOで「それでも夜は明ける」を観ました。
エンドロールが終わったあと、観客席からまばらな拍手が起こったので、「?」と思っていたら、なんと!

「これよりスティーブ・マックイーン監督の舞台挨拶と、女優の木村佳乃さんとのトークが30分ほどあります。」
というアナウンスが!

びっくりしました!!
たった今、見終わった映画の監督がここに現れるなんて!
こんな夢みたいなことってあるぅ?

映画のチケットをオンライン予約してくれた友人も知らなかったので、本当にうれしいサプライズでした!!
観客席にいた人、どのくらいの割合の人が知っていたのでしょうね?
女性の司会者が現れ、テレビカメラとマスコミのカメラマンがたくさん入ってきました。
そして登場した、スティーブ・マックイーン監督は、かっぷくの良い黒人男性でした。
まったく予備知識がなかったので、この人が監督さんなのか~、という感じでした。
木村佳乃は背がスラッと高く、綺麗でしたよ~!

東京でマックイーン監督の個展が開かれるのに合わせての来日だったそうです。

「それでも夜は明ける」の舞台はまだ奴隷制が存続していたアメリカ。
南北戦争(1861-1865)が始まる少し前の話。

1841年ニューヨークに住んでいたソロモン・ノーサップという黒人男性が、ワナにはまってアメリカ南部に奴隷として売られてしまう、という実話をもとにしています。

ソロモンは「自由黒人」という身分で、奥さんと二人の子どもと、白人と同様な生活をしていました。
が、身分証を持たなければならない彼の身分は、白人とも違う、そして奴隷として扱われる黒人とも違う、というものなのでした。

ソロモンはワシントンでその身分証を盗られ、差別の激しいアメリカ南部ジョージア州に売られてしまう。
本名も地位も奪われて、かわりにプラットという名前をつけられてしまいます。
これ以上不運なことがあるだろうか、ということが次々とソロモンの身にふりかかり、当時の奴隷制のひどいありさまが描かれていきます。

しかし、ソロモンは12年間も厳しい生活に耐えて生き延びます。
時には優秀さを隠し、目立たぬように生きる術なども身につけていきます。
ソロモンが救出されたあと、彼をだました白人たちが裁判で結局無罪になってしまったことに、当時のアメリカ社会の理不尽さを感じました。

ブラッド・ピット演じるカナダ人大工のバスさんが、
「どこにでも行ける自由はすばらしいものだ」というような発言をしてました。

ちょっと話はズレますが、考えてみれば、日本でも江戸時代は関所があって、自由に移動できることはできなかったし、一生、生まれた村から出たことがない、という人も多かったことでしょう。
今の日本は、安全に、好きなところに移動することができるけれども、世界的に見ると、まだそうではない地域や国があるはず、と考えさせられました。

ベネディクト・カンバーバッチは、聖職者(かな?)のフォード役で出ていました。
品のある人物を好演してましたよ~。
フォードは、心のやさしい人間だけど、やはり奴隷制を利用している立場。
そういう体制のなかにいると、慈悲心のあるフォードのような人でも、疑問を感じなくなってしまうのでしょうかね……。
実話だけに、生々しい描写も含めて、かなりの衝撃作でした。

*******************
「それでも夜は明ける」(原題 12 Years a Slave)
2013年 製作国:米国 134分
【監督】
スティーブ・マックイーン
【キャスト】
ソロモン・ノーサップ………キウェテル・イジョフォー
エドウィン・エップス………マイケル・ファスベンダー
ウィリアム・フォード………ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ティビーツ…………ポール・ダノ
セオフィラス・フリーマン…ポール・ジアマッティ
パッツィー…………………ルピタ・ニョンゴ
メアリー・エップス…………サラ・ポールソン
サミュエル・バス……………ブラッド・ピット
ハリエット・シャウ夫人……アルフレ・ウッダード
マーガレット・ノーサップ…クヮヴェンジャネ・ウォレス
ヴィリエレ保安官…………ジェイ・ヒューグリー
アブラム叔父様……………ドワイト・ヘンリー
ロバート……………………マイケル・K・ウィリアムズ
アームスバイ………………ギャレット・ディラハント
ブラウン……………………スクート・マクネイリー
セレステ……………………ルース・ネッガ
エリザ………………………アデペロ・オデュイエ
クレメンズ・レイ……………クリス・チョーク
ジェイムズ・バーチ…………クリストファー・ベリー
ハミルトン…………………タラン・キラム


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ついにシーズン3! 4月5月はBSシャーロック祭りだ! やっは~!! [B.カンバーバッチのこと]



ついに、ついにBBC「シャーロック」シーズン3が放送になるのですね!!
シーズン2から約2年。
ほんに待ちわびておりました~。
その間、「スタートレック・イントゥ・ダークネス」「裏切りのサーカス」「ホーキング」「僕が星になるまえに」「パレーズ・エンド」「ミスティック・アイズ」「ホビット・竜に奪われた王国」などなど、数々のベネディクト出演作品を観てさみしさ(?)を紛らわせてきましたが。
やっとベネディクト・シャーロックに会えるのね~。
もう、今からやや興奮気味……。

シーズン3(全3回)放送はNHK BSプレミアム。
日時は2014年5月24日(土)、31日(土)、6月7日(土)午後9時00分~だそうです。

それに先駆けて4月6日からシリーズ1とシリーズ2の再放送があるそうで。
こちらもNHK BSプレミアム。
日時は、
シーズン1(全3回)→4月6日(日)、13日(日)、20日(日)午前0時30分~(※土曜深夜)
シーズン2(全3回)→4月27日(日)、5月4日(日)、11日(日)午前0時30分~(※土曜深夜)

さらに、シーズン3放送前に特別番組もあるので、こちらも見逃せませんね!!
番組タイトルは「徹底解明!SHERLOCKの秘密 (仮)」。
BSプレミアムにて5月18日(日)午前0時30分~ (※17日(土)深夜0時30分~)
キャストインタビューも満載だそうです!

シーズン1、2と字幕版でいつも観てきたので、今回の放送では初めて吹替えで観てみようかなっと。
また新鮮な感じがするかも。
でも、もうちょっと早い時間に放送してくれないかな~。
せめて11時30始まりとか。

シャーロックがものすっごい早口で推理を披露する時、なんてしゃべっているのか気になって、英語字幕が見たくなり、インポート版のDVDを買ったら、DVDに12歳以上から推奨、というマークがついていました。
そんなに過激な描写はないと思うけど……。
日本よりもそういう規制が厳しいのかも。
そういうことを考慮して、日本でもあまり早い時間から放送しないのでしょうかね。
あ、でもシーズン3は午後9時からでしたね!

話はそれますが、なんで日本版のDVDには英語字幕がついてないのかな。
インポート版よりもすごく高いのに。
シャーロックのステキな早口、英語字幕で観たい人たくさんいると思うけど……。

まあ、なんにせよ、5月のシーズン3放送が待ち遠しい!!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ホビット 竜に奪われた王国」感想 [洋画の感想]



「ホビット」三部作の第二部である「竜に奪われた王国」観てきました。
前作「思いがけない冒険」から約1年。
「ホビット」は、「LOTR」(ロード・オブ・ザ・リング)シリーズの前日譚(約60年前という設定)となっていて、フロド・バギンズ(「LOTR」主人公)の養父、ビルボ・バギンズが主人公です。

作りこまれたセット、壮大な景色とアクション、3Dで観たら映画の中に入り込めたかのような臨場感があって、すごくし・あ・わ・せでした!
ぜひとも映画館の大画面で観たい作品です。

前作の時もそうですが、ビルボ役のマーティン・フリーマンが思った以上にかわいいホビットになっているなぁ、と思いました。「シャーロック」のジョン・ワトソンのイメージとは全然違って、ホビットになりきってて違和感なし。
特殊メイクと、やはり演技力なんでしょうね。

前作では登場した「愛しいしと」のゴラムが今回出てこなかったのは残念……。
ちょっと背筋が寒くなるような外観のゴラム。
自分のことを「わしら」と複数形で呼び、自分の中の他の人格と相談し合うところとか、こわいですね~。
指輪への異常な執着心と、多重人格的な心の奥底に深い孤独感を持ち、哀れさと不気味さを感じさせると同時に、なぜだかシンパシーをも感じさせる不思議なキャラクターなんですよね。

Hobbit_2.jpg

ゴラムには会えなかったけど、「LOTR」に登場していたレゴラス(オーランド・ブルーム)に再会できました!
川を樽で下って行くシーンでのアクション、かっこよすぎ!
金髪のエルフ姿がこんなに似合う俳優さんは他にいまい!
こうして「LOTR」と時々つながってくるところがあるので、やはり、あらかじめ「LOTR」を観ておいた方がよいですね。

そして今回のお目当てである、ベネディクト・カンバーバッチのスマウグ。
声とモーションキャプチャだけですが。
なにせ邪悪な竜、なので、うなり声、とか咆哮ぐらいなのかと思ったら、ちゃんと人と話せる!
それどころか、むしろベネさまらしく知的でおしゃべり好きな竜なのでした。
竜っぽい迫力ある話し方、声はさすがです。
でも効果が加えられているのか、声からあまりベネさまの姿は想像しにくかったですね。

さて、物語はいよいよ終盤へ!

レゴラスは白馬に乗ってオークを追いかけて行ったまま。
スマウグは街を襲うために飛び立ってしまう、一方ではネクロマンサー(死人使い)が出現してガンダルフが檻に入れられちゃってたし、あっちもこっちも、もうめちゃめちゃピンチな状態で終幕。
1本だけ残っている「黒い矢」が街を救う手立てとなるのか?

これだけ広げるだけ広げといて、完結編「ゆきて帰りし物語」まであと1年待たなくちゃならないのねー。
長いわ~。
************************
「ホビット 竜に奪われた王国」(原題 The Hobbit: The Desolation of Smaug )
2013年 製作国:ニュージーランド・英国・米国 161分
【監督】
ピーター・ジャクソン
【キャスト】
ビルボ・バギンズ………マーティン・フリーマン
灰色のガンダルフ………イアン・マッケラン
トーリン…………………リチャード・アーミティッジ
スマウグ…………………ベネディクト・カンバーバッチ(声とモーションキャプチャ)
死人使い…………………ベネディクト・カンバーバッチ
レゴラス…………………オーランド・ブルーム
タウリエル………………エヴァンジェリン・リリー
弓の達人バルド…………ルーク・エヴァンズ
スランドゥイル…………リー・ペイス
湖の町の統領……………スティーヴン・フライ
ドワーリン………………グレアム・マクタヴィッシュ
バーリン…………………ケン・ストット
キーリ……………………エイダン・ターナー
フィーリ…………………ディーン・オゴーマン
ドーリ……………………マーク・ハドロウ
ノーリ……………………ジェド・ブロフィー
オーリ……………………アダム・ブラウン
オイン……………………ジョン・カレン
グローイン………………ピーター・ハンブルトン
ビフール…………………ウィリアム・キルシャー
ボフール…………………ジェームズ・ネスビット
ボンブール………………スティーヴン・ハンター
ガラドリエル……………ケイト・ブランシェット
ビヨルン…………………ミカエル・パーシュブラント
茶のラダガスト…………シルヴェスター・マッコイ
ガリオン…………………クレイグ・ホール
アルフリド………………ライアン・ヘイジ
バイン…………………ジョン・ベル
ブラガ…………………マーク・ミッチンソン
アゾグ…………………マヌー・ベネット
ボルグ…………………ローレンス・マコール
ナルザグ………………ベン・ミッチェル
バーリマン・バタバー…リチャード・ホワイトサイド
しだ家のビル…………ダラス・ベーレント뢌

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。